「ほっ」と。キャンペーン

ピュアな感動と嫉妬

 ものの見事にA型インフルエンザに感染しました。生まれて初めてかも、です。今まで自分の子供など、感染者に何度も接触してきましたが、発病しませんでした。予防接種も打ったことないです。
a0330799_15465187.jpg
 免疫力も老化、劣化するのでしょうかね。フラフラしながらシロッコを運転して病院へ。もちろん女医さんです。
a0330799_15470642.jpg

a0330799_15471474.jpg
 これがタミフルかあ。もちろん初めて飲みます。念のため異常行動に注意して下さいね!と優しく説明してくれました。グライダーなんて飛んでもない!です。

 早めの手当と看病のお蔭で順調に回復。じっとしていられなくなって、近場の滑空場を偵察に行きました。
a0330799_15522269.jpg
 万が一のアウトランディング場としての下見、も兼ねてます。インフルエンザになっても、懲りてません。
a0330799_15523917.jpg
 ブルーな空だけど、この季節ですから、サーマルがボコボコでしょうね。いいな~飛びたい。
a0330799_15523279.jpg
 ブリーフィングが始まりました。普通のグライダークラブでは恒例ですが、うちのクラブは、適当です。結構な人数ですね。学連の航空部の合宿でもやっているのでしょうか。
a0330799_15524498.jpg
 次々と黄色い曳航機に引っ張られて青空へ発航していきます。ゆらゆらとヨーイングしいるから、きっと練習生なんでしょう。昔が懐かしいです。

 グライダーのトップシーズンに入りましたが、いきなり、我がクラブの若手パイロットが素晴らしい飛行を記録しました。50kmアウト&リターンです。しかも、ピュアグライダー、かなり古くてボロい機体です。
a0330799_15464121.jpg
 機体の性能ではないのです。情熱とテクニック、それに若さがあれば無敵です。ああ、インフルエンザで飛べなくて良かったかも。同じ日に、同じ条件で、性能の良いグライダーに飛んでいたら、きっと情けなくなっていたかもしれません。

 でもな、趣味だから、自分の限界を超えないで楽しめればいいし、これから梅雨入りまでは、ソアリングシーズンですから、焦ってはいけません。神様は、必ずや天国への扉を開いてくれるのです。




# by kzkwglider | 2017-02-27 16:06 | セールプレーン雑記 | Comments(0)

雪のち WAVE!

 2月18日日曜日早朝、出発したら途中から雪景色、路面も凍結してます。滑走路は、、、
a0330799_04093736.jpg
 ここはどこ?見事な銀世界。あれま。
a0330799_04101448.jpg
 でも、雪とScirocco R とグライダートレーラー。なかなか見ることができないコラボです。

 さて、どうしよう。雪はふかふかですが、2センチは積もってます。溶けても、滑走路がグジャグジャじゃイヤだな。帰ろうかな~今日は何をしようかな、なんて考えてました。

 この画像をfacebookのクラブグループページにアップしたら、すでに家を出発していたクラブメンバーから電話。チョッと厳しいかも~と返信すると、あきらめてUターン、帰宅しました。

 結果的に、大変申し訳ことになったのですが…。

 それでも、こんな状況にも関わらずメンバーは集まってきます。みなさん、頭がおかしい。まあ、人のこと言えないんですけど。そうしたら、加速度的に雪が溶けます。路面も乾いてきます。2月中旬、太陽のパワーは素晴らしい!
a0330799_04103191.jpg
 コンバージェンスやウェーブも期待できるコンディション、飛ぶしかないでしょ!ってことで、皆さん速攻でセットアップ。
a0330799_04104952.jpg
 単座機が3機、きれいにラインアップ。トップは、暗黙の了解で、私。
a0330799_04110784.jpg
 複座機も加わって、さらに賑やかに。

 すでに薄いパフ(積雲になる前の状態)が見られたので、少し早いけど午前11時にテイクオフです。
a0330799_04115105.jpg
 最初は、渋くて苦労、上がっても荒れています。この時期らしい針のようなサーマル。小さくて強い。コアと呼ばれる中心部分にねじ込ませれば、バリオ振り切りで上昇しますが、バンク角は60度!目が回ります。操縦桿も重い、両手でコントロール。

 悪戦苦闘していると、メンバーからウェーブ(山岳派)イン!の無線。さっそく同じ場所へ移動。
a0330799_04125615.jpg
 今までの強い対流がウソのように安定しています。操縦桿はフルアップ。エアスピードは70km/h で静かにプラス2m/sで上昇していきます。ヘディング330度。久しぶりのウェーブです。
a0330799_04130334.jpg
 トップは10000ft!まで上昇しています。私も7500ft。日光連山の3波目くらいのウェーブでしょう。2波を狙って山へ向かいますが、進みません。対地速度30km/s。

 ウェーブが出るくらいだから、当然西風が強いですね。何度かチャレンジしましたが、元の3波に戻って高度を復活させて、遊びます。
a0330799_04281059.jpg
 新しいアングル。笑えます。

 この日は、うちのクラブだけで4機がソアリング。雲のないフルースカイですが、グライダーは上昇する空域に集まるので、空中衝突を警戒しないといけません。厳重な目視と無線によるポジションレポート。これは欠かせません。
a0330799_04190848.jpg
 朝は、本当に帰ろうと思ったのに、大自然、地球は偉大です。

 この日はケアレスミスがありました。飛行経路を記録するロガーのスイッチ入れ忘れ。途中からスイッチオンなので、ポイントを損してます。さらに、バックアップに使っているスマホの電池切れ。

 ゆえに、ログが切れちゃいました。機体のチェックリストは、インパネに張り付けてありますが、計器類のチェックリストも製作します。反省。

 エアタイムは、今シーズン初の5時間over!オバーフローです。

# by kzkwglider | 2017-02-20 04:49 | ソアリング日記 | Comments(0)

春一番・FALKEN

 Scirocco R 5年目ってことで、車検です。今回はお金がかかる!の覚悟です。

 まずは、タイヤ。OEMのピレリP7を6本履き潰しました。可もなく不可もなくで、最初の前輪2本は4000km!でスリップサインがでましたが、これは、ハシャギ過ぎでした。

 で、次。やっぱコスパでしょうか。235/40R18のサイズとなると、メジャーなメーカー品だと、当然高い!でで、行き付けのタイヤ屋さんでおススメがFALKEN!ファンケルでは、ありません、あれは化粧品。

 そういえば、エアレースで室屋選手のスポンサーになってますね。
a0330799_04365850.jpg
 エアレースは興味ないのですが、FANKELじゃなくて、FALKENは、もともとは大津タイヤ、ダンロップの傘下に入った日本製ですから、安心かな。

 そのタイヤのパターンですが、驚いた!
a0330799_04352224.jpg
 このセンターの3本のグルーブの太さと深さ。レイン性能の高さをアピールしているだけのことはありますが、
a0330799_04353469.jpg
 接地面積が少ないから、当然ながら寿命は短い。痛し痒しですね。でも、ほぼ半値!に負けて装着しました。

 車検では、4輪ともブレーキパッド交換、その他諸々ありますが、なるべく出費は控えて、なんとか想定内に収めました。
a0330799_04355898.jpg
 さっそく、スロットルオン!おお、軽やか。5年も履いたピレリと比べるのは、ナンセンスですが、高速道路インターチェンジのカーブへのハンドルの入力は、俊敏で軽やか。いいフィーリングです。

 新品、ってこともあるでしょうが、ハーシュネスは結構感じます。でも、嫌いな感じじゃないですね、剛性感があります。
a0330799_04360811.jpg
 こんなとこ来るの、何年振りか。
a0330799_04362332.jpg
 ここも同じく。

 スロットルを踏み込まなければ、タイヤは激しく減りません。でも、Scirocco R は、どうしても加速を楽しみたくなるクルマなので、強い自制心が求められます。

 FANKELは、とりあえず合格点。安かろう、ではなくて安心しました。

 ちなみに、無料だったので、窒素ガス充填です。

# by kzkwglider | 2017-02-18 04:53 | Road & Sky | Comments(0)

高速無料ハイウェイ・燃料必要なし!

 12日日曜日は、ビックコンバージェンスディなりました。朝早くから南のラインの雲が発達。
a0330799_05073216.jpg
 しっかり準備して、11時前!にテイクオフ。
a0330799_05081655.jpg
 ラインの雲まで引っ張ってもらいます。結構距離があり、滑空場からの滑空比は15、高度は2500ftで離脱
a0330799_05085062.jpg
 思った通りの強い上昇!バリオメーターの針が振り切れ、サウンドは悲鳴を上げます。アッと言う間に5000ft。
a0330799_05090020.jpg
 雲道もしっかりしてきました。バンバン飛ばすしかないですね。
a0330799_05092086.jpg
 まずは南東へ。筑波学園都市、霞ケ浦がよく見えます。
a0330799_05094743.jpg
 つくば市でUターン、高速道路を飛ばします。
a0330799_05095935.jpg
 雲底7200ft(2100m)に張り付て、吸い込まれないように150km/hのエアスピード、空の高速道路です。燃料は必要ありません!
a0330799_05103785.jpg
a0330799_05105053.jpg
 日光連山に接近すると雲底高度が変わってきます。さらに上昇7500ft。
a0330799_05111303.jpg
 栃木駅でUターン。北にも雲底が見えますが、途中がブルー、雲がありません。
a0330799_05112648.jpg
 今までのパターンだと、強烈な沈下に叩かれてこぼれ落ちて着陸~なパターンが多かったのですが、リフトを探して、丁寧にセンタリングして5000ftを割らないように踏ん張ります。ハイバンドキープ。
a0330799_05114331.jpg
 なんとか北の雲道にたどり着きました。さあ、宇都宮へヘディングして、ゴーゴーです。真ん前に雪に覆われた男体山が見えます。美しい。
a0330799_05115742.jpg
 余裕の滑空比で宇都宮市街に到着。久しぶりです。この日は、バンバン、我がクラブが1から4位独占でした。
a0330799_05122148.jpg
 紺がわたしです。相変わらず、一番手。

 その他、360度天空撮カメラTHETAで撮影した画像を、フレーミングしました。
a0330799_05122672.jpg
a0330799_05123118.jpg
a0330799_05123679.jpg
a0330799_05124506.jpg
 ああ、幸せな一日だった。

# by kzkwglider | 2017-02-14 05:44 | ソアリング日記 | Comments(2)

セールプレーン・パラダイス

 西の強風が予想されたので、いつもよりも早く出発。風が弱いうちにセットアップする作戦でしたが、一番は逃しました。皆さん気合が入ってます。
a0330799_04571807.jpg
 白いPolo は、Sirocco R の車検の代車です、白いグライダーによく似あいますね。Poloは、相変わらず素直に走ります。

 今日の一番機は、500kmクロスカントリー狙いの高性能機から。10時にテイクオフです。気合が違いですね。
a0330799_04595069.jpg
 予報通り、西風が強くなってきました。7m/s以上。ここまで吹くと、パラグライダー、ハンググライダーは、お手上げです。ここは、日本で一番のパラハングのエリアでもあるのですが、今日は、申し訳ないけど、セールプレーンの貸し切りです。
a0330799_04574408.jpg
 小規模な我がクラブだけでも、6機!が飛びました。賑やかなピストです。これからがトップシーズン、もっと賑やかになるでしょうね。

 しっかりとフライトプランを羽田空港に電話で入れて、11時にはテイクオフ。上昇気流に入ったら離脱です、2000ft。
a0330799_05031104.jpg
 思ったよりも渋くて苦労しましたが、粘ります。高度は5000ft。
a0330799_05184888.jpg

 筑波山山頂は、一昨日の雪で真っ白。雲はまだできません、さらに粘ります。

a0330799_05162786.jpg
 やっとしっかりした積雲が出来てきたので移動開始です。でも、イマイチよく揚がらない、サーマルはありますが、小さくて針のようです。小さく深いバンクで旋回しないと、はじかれてしまいます。難しい。

 なんとか乗り継いで隣の滑空場に到着。無線では、さらに北西にコンバージェンスラインでできていて、2000m以上上がっているようです。狙いたいのですが、高度が低いので、ビビります。
a0330799_05240901.jpg
 飛び立った滑走路からの滑空比が、20を超えました。高度も760m。もうだめ、心臓バクバクでUターンです。帰り道は、こんな景色。本当に帰れるのかいな。ますます心臓バクバクです。
a0330799_05264273.jpg
 筑波山が遠い~!リフトを丁寧に拾って、途中にお助けサーマルもあったので余裕で帰投できましたが、焦りましたね。

 気分をリセットして、再びサーマルを探しますが、こぼれ落ちてしまいました。あれ~?雲はあるのになんで?斜面もダメです。あきらめて着陸。悔しいです。

 間もなく、もう一機も着陸して、同じように沈下帯にハマったようです。上手なパイロットはコンバージェンスに入って3000m!まで揚げてます。無線を聞いてると情けなくなりますね。

 実力の差が、モロに出たソアリングでした。
a0330799_05321802.jpg
 水色が私。なんでこんなに違うのだ、、、。

 隣のクラブも賑わっていたようで、やはり実力差が表れていますね。
a0330799_05334415.jpg

 今日ももちろん飛びますが、予報よりもさらに渋くなってきた感じです。
a0330799_05343242.jpg
a0330799_05343971.jpg
 よく考えて、隣の滑空場へアウトサンディングすることを恐れずに粘ること。難しいです。

 私的は、心臓バクバク状態になりたくない JOY フライトが好きなので常に5000ft以上をキープできる気象条件が望ましいです。技量のアップも大切だけど、楽しく安全第一でソアリングしたいですから。


# by kzkwglider | 2017-02-12 05:37 | ソアリング日記 | Comments(0)